背戸峨廊

「せとがろう」 いわき市小川町出身の詩人、草野心平が命名。 上流部は難易度高く、登るに従ってクサリ場やはしごが掛けてあり、かなりの落差。 この日は気温も高く、沢歩き(トータル3.5h)には最高でした。花粉さえなければ(T_T)

メガネ is my thing.”

Iさまです。 青森県からお仕事の関係でいわき市に。 メガネが大好きで、ステキなメガネをたくさんお持ちですが、 今回はトニーセイムに興味を持っていただき、足を運んでいただきました。 直感的なメガネ選びで、サクッと決定! しかも、2本。 ご自身にフィットするメガネが分かってらっしゃるのです。さすがです! レンズシェイプをカスタマイズして、サイズ感と視野を確保しました。 カッコよく決まってますね~。 Iさま、このたびはありがとうございました。

併用するメガネで楽しみましょう♪

お父さまとご来店は、Yちゃんです。 やさしさがお顔に出ていますねー 普段は、ずーっと、コンタクトレンズオンリー。なので、メガネの度数合わせは慎重に! メガネは角膜から距離があるため、眼への接触によるダメージが少ない。 しかし、この眼とレンズの間の距離が像の揺れ歪みを感じやすくなります。 角膜頂点距離と言いますが、この距離が短いほうが歪みが少なく、装用感も良くなります。 コンタクトレンズはお顔の印象が変わりませんがー かわいいメガネで個性も楽しんでくださいね~ Yちゃん、このたびはありがとうございました。 Please come come カーム!

紙芝居で。

認知症カフェ事業「オレンジカフェ以和貴」 昨日は、手作りの紙芝居を使って「聞こえと補聴器」のお話をさせていただきましたー 懐かしい紙芝居は、好評でした! わかりやすく、目と耳で感じてもらえたかな。 少しでも補聴器を身近なものとして感じていただけたら幸いですね~

メガネを変えていつもと違う自分を発見しましょう♪

メガネ選びってどうしても、守りに入るといいますか、 無難なもの、カラーでいうとブラックやグレー。 今までに似た感じのフレームを選ぶ方が多いです。 否定はしませんが、メガネで今までのイメージを変えてみるのもいいですよねー ご来店いただいたNさまも、そんな感じでしたが… 最初に掛けていただいたのが、赤いカラーのフレーム。 ご本人はちょっと抵抗があるみたいでしたが、一緒に来店した奥様にも「それいいよ!」と いろいろと掛けていただきましたが、やっぱり、最初に掛けていただいたフレームに決定。 とても似合っています。差し色が入ることで、表情も豊かになりますねー メガネを変えていつもと違う自分を発見しましょう♪ Nさま、このたびはありがとうございました。 Please come come カーム。

バイク乗りの心意気

お客様がバイクでご来店。 「寒くないんですか~」おもわず聞いてしまいました、 「凄く寒い!」とお客様(笑) ホンダの「アフリカツイン」 1000ccのオフロードバイクです。 寒くても好きなことには、関係ないのですねー  かっこいいですね。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア

Copyright © メガネと補聴器 カーム All Rights Reserved.